お金について学ぼう!節約・証券・債権・ローンの知識

証券アナリスト

証券アナリストとは、時代を分析して、経済界や産業界の動きを正確に掴んで分析し、投資価値の評価をしたり、総合的な資産運用に関わる分散投資について管理が出来る、証券投資の専門家と言われます。
また、投資家への助言や、投資運用サービスの提供なども行います。

最近では、資本市場の発達とともに、証券アナリストが所属する業態は大きく広がりつつあり、ますます専門的な職業が増えてきています。
例えば、証券会社の調査部門などに所属して、産業や企業調査から、証券の分析や評価をするのを”リサーチアナリスト”と言います。
また、投資信託や投資顧問、信託銀行、保険などの機関投資家には、それぞれの投資目的に合わせた証券を組み合わせて、総合的な資産運用に携わるファンドマネジャーという専門職もあります。
この他にも、投資ストラテジスト、投資アドバイザー、マーケットアナリストなど、それぞれの専門知識に特化した呼称もあります。

証券アナリスト試験とは、国家資格ではないのですが、証券アナリスト協会の検定会員というプロの証が付くことで、顧客の信頼感を得られるでしょう。